夜行バスStyle

夜行バスなら寝ている間に到着します

一斉リクライニングで安眠を

長距離移動の交通サービスには、飛行機や列車などの選択肢があります。地上の道路網を走る交通手段として、夜行バスの利用が可能です。特に長距離移動のバスの利用で大きな特長であるのは、寝ている間に目的地に到着する事ができるという点です。就寝時間中は、他の事をする事ができない時間であるため、その余裕の時間を利用して必要な場所に移動できれば便利です。 しかし気になるのは、バスの中での睡眠の質の問題です。就寝中の体勢に無理があれば、睡眠の質も悪くなってしまいます。そこで、一斉リクライニングのシステムがバス内で採用されることにより、安眠の体勢を作り出すことができます。一斉リクライニングは、消灯の合図と共に、バス内で統一してリクライニングを倒すことです。 皆が同調してリクライニングを倒すため、後方の座席の人に気兼ねすることなく、座席を倒すことができます。就寝時の環境作りに気を配る必要がないシステムが採用されることで、夜行バスでの移動が楽になります。